一般媒介と専任媒介、専属専任媒介それぞれの違いとは?

一戸建てやマンションなどの不動産を売却する場合、不動産会社と契約をして仲介役として動いてもらい、買主を見つけるのが一般的な流れです。

 

実は不動産業者と契約をする場合、大きく分けて3つの契約方法があります。それが一般媒介契約、専任媒介契約、そして専属専任媒介契約となります。それぞれで違いがあるので特徴やメリットを把握した上でどれにするべきなのかを判断していきましょう。

 

一般媒介契約

一般媒介契約

一般媒介契約は複数の不動産業者と媒体契約を結ぶことを言います。例えば、売主は仲介会社A、B、Cと契約したとします。するとそれぞれの仲介会社が「今こんな物件がありますよ」と買主にアプローチをかけていきます。

 

つまり、売り主側からするとより多くの露出に繋がるのでメリットが大きいと感じる方も多いです。しかし、不動産会社からするとあまり歓迎できるものではありません。
というのも、どれだけお金をかけて広告を出したとしても他の仲介会社によって成約してしまった場合は何のメリットもありません。

 

そのため扱いが小さくなって結果的に全ての仲介会社からそこそこの扱いしか受けられないということもあります。もし仮に誰もが欲しがるような一級の不動産なら一般媒介契約でもすぐに買主が見付かるでしょうが、そうでないのならそれなりの時間がかかることを覚悟しなくてはなりません。

 

選任媒介契約

選任媒介契約は依頼した一つの不動産業者と契約をして他の仲介会社には依頼を出さない、という契約方法です。もちろん不動産業者としても買主を見つけなくては利益にならないため、広告などに力を入れてくれます。
優秀な不動産業者と選任媒介契約を結ぶことで納得のいく売却に繋げやすいです。現在はこちらが主流となっています。もし仮に売主が自分自身で買主を見つけた場合は営業経費などの費用を支払う必要が出てきます。

 

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約は専任媒体契約のさらに一歩すすんだ契約です。こちらは売主自身が買主を見つけて成約してはいけません。もしもそうなった場合は違約金が発生します。専任媒介契約との違いはこれだけでなく、報告義務の内容にも違いがあります。
専任媒介契約は2週間に1回の状況報告、専属専任媒介契約の場合は1週間に1度の状況報告を行う義務があります。もちろん不動産会社としては優秀な結果を残したいので専属専任媒介契約だとより広告などに力を入れます。

おすすめ不動産売却・査定サイトランキング
リガイド
リガイドは200社以上の不動産会社が参加しているインターネット一括査定サービスです。

簡単な情報を入力するだけで複数の不動産会社からの査定額を受け取ることができ、それぞれの査定額を比較できるためどれくらいの価格で売却することができるのかがすぐに分かります。

リガイドの操作はとても簡単です。売りたい物件のエリア、都道府県を選択し、後は簡単な物件の情報を入力すれば完了です。情報入力は1分程度で、査定結果に関しては早いところだと10分程度で、遅くても2、3日後には連絡が来ます。


提携不動産会社数 評価
約200社 2つ星

リガイドの公式サイトはこちら

 


イエイ不動産売却査定
イエイ不動産売却査は1回お手持ちの不動産に関する必要な情報を入力すれば、最大で6社の不動産業者の簡易査定が受けられます。

イエイ不動産売却査定の一括査定サービスは無料で受けられるところも魅力です。しかもインターネットのサービスなので、24時間いつでも好きな時利用できます。リアルタイムで不動産会社に皆さんの情報は送信されるので、日中忙しい人でも利用可能です。

イエイ不動産売却査定では日本全国1000社の優良企業のみを登録させています。このため、安心してサービス利用できるところもおすすめです。


提携不動産会社数 評価
約1000社 5つ星

イエイ不動産売却査定の詳細ページはこちら


イエイ不動産売却査定の公式サイトはこちら

 


イエウール
イエウールは無料の一括査定サイトで、不動産に関するコンテンツも充実しています。

一括査定のやり方も簡単で、物件情報や種類、郵便番号を入力するだけです。ちょっとした空き時間を使って利用できるので、便利です。また査定をしてくれる不動産会社に関しても、売却実績豊富な優良企業に絞っています。このため、安心してサービス利用できるはずです。

イエウールが人気の理由は、複数の不動産会社に短時間で見積もりを一括でお願いできるところです。イエウールの方で適した企業を見つけてくれるので、自分で不動産会社を探す手間も省けます。


提携不動産会社数 評価
約1000社 4つ星

イエウールの詳細ページはこちら


イエウールの公式サイトはこちら

 


スマイスター
スマイスターはオンラインで一括査定ができるので、普段仕事が立て込んでいてなかなか不動産会社に足を運ぶ時間を割けないという方でも手間をかけずに多くの不動産会社の査定をチェックできます。

最大で6社まで査定の依頼ができるので、比較するのにも十分な材料が確保できます。

しかもスマイスターに登録している不動産会社を見てみると、有名企業も多数みられます。査定を行っている会社は500社以上に上り、しかも累計の査定件数は10万件を突破しています。物件種別と不動産の所在地を入力するだけですから手間もかかりません。


提携不動産会社数 評価
約500社 3つ星

スマイスターの詳細ページはこちら


スマイスターの公式サイトはこちら

 


O-uccino(オウチーノ)
O-uccino(オウチーノ)は東証マザーズにも上場しているので優良企業です。このサイトを通して新築、中古マンション、一軒屋の売買を行なうことができます。

一つの売りたい物件を同時にいくつかの不動産に査定に出し、最も高い査定を出したところに買い取ってもらうという嬉しい機能もついています。建築家(建設事務所)の検索機能を使えば、それぞれの場所で信頼を得ている建築事務所を探すこともできます。

また、賃貸物件の検索もあります。とても便利な検索機能なので借りたい人のみならず、売り手が見つかるまではしばらくは賃貸に出したい人なども利用できるでしょう。


提携不動産会社数 評価
約450社 3つ星

O-uccino(オウチーノ)の詳細ページはこちら


O-uccino(オウチーノ)の公式サイトはこちら

 



不動産査定エージェント
不動産査定エージェントは一戸建てやマンションなど不動産を売りたい方のための無料一括査定サイトです。

不動産査定エージェントと提携している不動産企業はいずれも不動産の実績を多く持っているところばかりで安心です。

不動産査定エージェントの査定依頼のための情報入力はたったの1分で完了します。不動産査定エージェントは一度の情報入力で最大6社まで一括査定の依頼を出せるようになっています。これら複数の不動産会社からの査定価格が出てくるため、相場の確認や査定の比較が簡単にできます。


提携不動産会社数 評価
約340社 2つ星

不動産査定エージェントの詳細ページはこちら


不動産査定エージェントの公式サイトはこちら